任天堂クラッシク手のひらサイズのためコントローラもミニサイズ

手のひらサイズのファミリーコンピュータ発売。

https://www.nintendo.co.jp/corporate/release/2016/160930.html

その名も、「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ
手のひらサイズで持ち運びもお手軽に

いまでこそ一般名詞になったファミコンですが、この頃のファミコンというのはファミリーコンピュータの略称でした。ファミコンが手のひらサイズになって便利だと思いきや、コントローラが小さくてこれはちょっと。

メーカー希望小売価格5,980円(税別)は今にしてみればちょっと高いかもと思うかもしれませんが、いやはや、なんと30タイトルのソフトが収録済みの価格です。しかも、この30タイトルのソフトはどれも名作ばかりなので、かなりお買い得。むしろ30タイトルの方がメイン商品ですね。音楽も秀逸ぞろい。

ミニコントローラにあわせて手を小さくるわけには行きません。ソフトをダウンロードできないのは良しとしても、コントローラが取り替えられないのは残念です。

ファミリーで使うことを前提に考えると、サイズ設計は大人が使うときのハンディのためとでも考えますか。カセット部分にコネクターが欲しいところです。

しかし、いつ見てもこのデザインは洗練されていますね。コントローラも無駄のないシンプルなデザインです。本機は、「いつでもセーブ」など便利な機能がいろいろ追加されています。

電源はUSBからで映像出力端子はHDMIとなっています。詳しい説明は、下記の動画で確認できます。

 

1 件のコメント

  1. ピンバック: amazonで買うと危険な任天堂スーパーファミコンクラッシクミニ | メモラビリア爛々(らんらん)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です