AMDのハイエンドCPU「ライゼン・スレッドリッパー」の価格発表!

ライゼン・スレッドリッパー

ライゼン・スレッドリッパー(Ryzen Threadripper)は、AMDが開発したハイエンドデスクトップPC向けCPUです。

普通に高性能な8コア/16スレッドのRyzen 7よりもさらにコア数、スレッド数が倍になっています。

スレッドリッパーのハイエンドモデルは、16コア32スレッドの高性能でありRyzenシリーズの中で最上位のハイエンドCPUです。

インテルの最上位クラスCPUである Corei9に勝るとも劣らない性能を誇っています。

その最新CPUのライゼンスレッドリッパーも例外なくコスパはよいと期待されていましたが、ついにその価格が発表されました。

 

  • ライゼンスレッドリッパー1920xは、12コア24スレッド(3.5/ブースト4.0GHz)で、IntelのCore i9-7900Xより高性能と言われています。
  • ライゼンスレッドリッパー1950Xは、16コア32スレッド(3.4/ブースト4.0GHz)で1920Xよりハイエンドです。

 

価格ですが、

  • 1920X:799ドル(約9万円)
  • 1950X:999ドル(約11万円)

と発表されました。

 

  • Ryzen Threadripperのリリースは2017年8月初旬

カミングスーンですね。

 

 

 

(追記)amazonで価格を調べてみましたが、日本での販売価格はちょっと高めになっています。

by カエレバ

 

by カエレバ

 

インテル対応は?

インテルのほうは、コア数を増やすと爆熱するという課題があり、実際コア数10のCore i9-7900Xでそれが発覚しています。

Ryzen7対応で、むりやり10コアにした反動でしょうか。

 

また、最上位モデルとして18コア/36スレッドの「Core i9-7980XE」が予定されていますが、省電力、爆熱問題、価格はどうなるでしょうか。

 

 

 

 

 

低価格のライゼン3

4コア/4スレッドの低価格帯の新Ryzen「Ryzen 3」についても発表がありました。

  • Ryzen 3 1200:定格3.1GHz/ブースト3.4GHz
  • Ryzen 3 1300X:定格3.5GHz/ブースト3.7GHz

がラインナップされますが価格は今のところ未発表です(2017/7/16)。

 

(追記)こちらは、低価格で販売されていました。

by カエレバ

 

by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ

 

 


 


スポンサーリンク