100万持ち歩くのなら英国ココマイスター長財布

ポケットにすっぽり入れるらな、二つ折り財布ですが、

現金をどっさり持ち歩くのなら、長財布です。

勝負強い社長は常に100万円持ち歩いており、

イザッっていうときでも、即座に対処してしまいます。

稼ぐ人は長財布を使っています

 

 

 

しかし、長財布であっても、意外に100万円が楽々入る財布となると、ちょっと探さないと見つかりません。

 

 

 

楽々100万円入る長財布

稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?の中にも書かれていますが、今手元にあるお金は過去の自分の総決算と言われています。

もちろん、この事をどう受け止めるかは、個人個人に違いがあって当然ですが、財布を覗くたびに、少ない、足りない、もったいないなどといった、ちょっとした感覚が、勝負にでるときに影響します。

 

余計な雑念を取り払い、本業に集中してこそ、勝負時の決算が瞬時に判断でき、大きなチャンスを見逃すことなく手に入れることができるのです。

そこで、人気があるのが、ココマイスターの長財布です。

デザインはもとより、色、匂い、肌触り、感触が五感を研ぎ澄まさせます。

これが、100万円を入れるにふさわしい、ココマイスターの長財布です。

 

 

ココマイスターの長財布は、本革製品ですが、なんと日本の革職人が手作りで仕上げた本革メンズ長財布です。製造は日本なのです。

 

すぐに売り切れてしまい、なかなか手に入りにくかったのですが、インターネットの発達により、その気になれば、すぐに買えるようになりました。

 

世界中の社長が懐に忍ばせている、ココマイスターの長財布、見るだけでも、価値があります。

 

 

【伝統職人】【COCOMEISTER(ココマイスター)】ブライドル・グランドウォレット 英国1000年の歴史を誇る極上の長財布 紳士物 メンズ

 

 

 

スポンサーリンク