習志野自衛隊の花火は小規模ながらも大人気(2018年情報)

自衛隊花火大会

画像出典:陸上自衛隊中央即応集団第1空挺団の公式ホームページ

 

今年もあります。習志野自衛隊の花火大会。

 

H30年の習志野自衛隊花火の日程と場所

  • 大会名;平成30年 習志野駐屯地 夏まつり
  • 場所:千葉県船橋市 / 陸上自衛隊習志野駐屯地敷地内
  • 日程:2018年8月4日(土)20:10~(予定)
    小雨天は結構ですが、雨だと翌日の5日に延期になります。

 

夏は、花火ですよね。

 

落下傘部隊、空挺団で有名な習志野駐屯地の自衛隊ですが、今年も例年通り花火大会を開催する予定となっています。

 

いろいろな会場で花火大会がありますが、この自衛隊花火は、かくれた人気があるのです。

 

花火の規模だけをみると、他の花火大会に負けるところはあるのですが、

自衛隊の花火は、むしろフィナーレとしての役割で、この花火大会のメインは祭りなのですよ。

自衛隊の敷地内に入ることができます。

 

いつもなら、かってに入ることは許されない自衛隊で、

めったなことでもなければ入れないですが、

この花火の日は気兼ねなくサクサク入場できます。

 

ですから、昼間から人がぞろぞろと集結してきます。

そして、この自衛隊敷地内には多くの出店があり、イベントも活発です。

ちょっとしたアトラクションのある、テーマパークに入った感覚です。

もちろん、入場料は無料、出店の買い物は当然有料ですが、

家族でもカップルでも楽しめます。

 

自衛隊マニアは遠方からはるばるやってきます。

その気になれば、自衛隊マニアと友達になれますよ

普段、自衛隊の話なんかする人がいなくて寂しい思いをしていても、

この日だけは、違います。

マニアがうようよいます。

 

自衛隊花火にいくのなら昼間から

ですから、自衛隊花火へいくのなら昼間からいくのです。

いろいろイベントを楽しみながら、最後に花火でしめくるることができるのが、

自衛隊花火大会です。

自衛隊の敷地はけっこう広いので、場所取りもあまり気にしなくていいです。

もちろん、遠くからでも花火はみえますが、

せっかくですから、自衛隊敷地でまじかに見ましょう。

 

自衛隊花火が人気なのは、

  • 昼間からイベントが開催されて楽しめる
  • 自衛隊マニアがうようよいる
  • 場所取りがわりと簡単
  • 昼間からいろいろ楽しんだ最後の締めに花火がくる
  • 花火は小規模でも間近で鑑賞できる。

ということで、関東圏なら一度は見て欲しいイベントです。

 

アクセス

新京成線の習志野駅が最寄り駅ですが、北習志野駅(東葉高速・新京成)、薬園台駅(新京成)からも、歩いていけます。

都心から来る場合は、北習志野駅が便利です。

北習志野駅からは、約2km弱ですので、歩いていくにはちょっと遠いですが、でも、話しながら歩くと、そう疲れないと思います。

なんせ、楽しいですから。

 

https://goo.gl/maps/QaMXprVPe7G2