EXCELで分数計算

なんと、EXCELで分数計算ができます。

iiw20161115-1

なにげに、セルの表示形式の中に「分数」が追加されています。種類も、1桁増加、2桁増加、3桁増加に加えて、分母も2に設定、分母を4に設定、分母を8に設定、・・・、分母を100に設定などが用意されています。

適当に少数以下のある実数を入力してみると、あれ不思議、分数に変換されて表示されます。帯分数表示になるので、場合によっては見づらいかもしれません。

いろいろ試してみましたが、正確には分数で計算しているわけではないです。、内部で数値(実数)で計算しているようで、値の近い分数をみつけて表示を切り替えているようです。

おもしろそうですが、実際に使うとなる出番が思いつきません。しかし、同じような機能を自分で関数組んで作るのは結構手間がかかる処理なので、必要なシーンがあれば威力を発揮するでしょう。

意外と、分母を4で設定のような特有な書式が使われることが多いかもしれません。数学的な分数計算をするにはちょっと向いていないと思います(近い答えが計算されるでしょうが、正確に計算結果が表示されるわけではないので。

例えば、1/3/7/17を計算すると1/357と表示されこれは正しいのですが、1/357*9/17とすると、3/2023が正しい答えなのに、1/674となってしまいます。つまり分母が1000以上になることはなく、扱えるのは3桁までとなります。実用的にはこれでも十分かもしれません。

普通の分数計算のようにみえて、実は全然違っているところがEXCELらしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です