MS-Officeの価格は下がらない

使いやすくなるわけでもなく、しかし他に選択肢がほとんどない、ほぼ独占しているオフィスソフトMS-Office(Microsoft® Office シリーズ)。

これだけ量産されているのにMS-Officeは値段がさがりませんね。多少は安くなっているのかな、気持ちの分、機能追加されている分。

本当に対抗馬が少ないせいですかね、価格がなかなか下がらないのは。媒体のないダウンロード・インストールが採用されて流通コストもかなり減っているはずですが、いつも価格を調べるとびっくり価格で唖然とします、MSーOffice。

アカデミパックはかなりお得ですが。これぐらいに価格設定して欲しいですよ。これが人類発展のためですよ。

そこに対抗しているのがKingSoft社のKing-Office。私もライセンスをいくつか持っていますが、普通に使えます。機能云々というより、やはり他者(他システム)とデータ交換できるかどうかがオフィスソフトの使命であります。シェアからいくと、やはりMS-Officeに負けていますが、このたび、King-OfficeがWPS Officeと新たに生まれ変わって羽ばたきました。過去のKing-Officeからの移行も考えられています。
個人で使用するにはこれで十分ですね。ただ、Excelに関しては、慣れのせいかどうしてもMS使ってしまいます。印刷など使いにくい部分が多いのですが、体裁をあまり気ににない使用用途も結構あるのです。マクロやVBAを使い出すと、MS-Officeから抜けられないのですが、このWPS Officeはどうかな。マクロ搭載しているので、機能的は問題なさそうだし、文字フォントも充実しているし、なんといっても価格がお手頃。

今は金銭的に余裕がないし、購入したMS-Officeが現役で使えていますのですぐに乗り換えることは考えていませんが、品質がよければ次期購入のOfficeは乗り換えですね。

 

マイクロソフトオフィス2016互換ソフト
マイクロソフトオフィス2016互換ソフト


【マイクロソフトオフィス2016互換ソフト】
WPS Office Standard Edition(旧キングソフトオフィス)
ダウンロード版

ところで、WPSという名称ですが、Writer(MS-Wordに相当), Presentation(MS-Power Pointに相当), Spreadsheets(MS-Excel相当) の頭文字からきてるのでしょうか?そう思うと覚えやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です