著作者人格権

人格権・著者者・慰謝料
人格権・著者者・慰謝料

 童謡「森のくまさん」に独自の歌詞や旋律を追加し、CDにして無断で販売したとして、訳詞者で大阪府の馬場祥弘さん(72)が18日、大手レコード会社「ユニバーサルミュージック」(東京都港区)とネタを作った…

情報源: 「森のくまさん」替え歌、訳詞者が販売差し止め求める:朝日新聞デジタル

解決の糸口がみえない、権利問題。

訳者が販売を差し止めた。

なにかと、社会には見えない制約がたくさんあることに気付かされます。

「森のくまさん翻訳者 馬場祥弘氏」一気に有名に。

「森のくまさん」は知っていても、作詞者というか翻訳者のこと、全然しらなかった。

今回の騒動は、著作権侵害で訴えているわけではないですね、「著作者人格権」の侵害です。

馬場氏は、「森のくまさん」は翻訳してるだけなので、著作者とはいえず、人格権侵害での慰謝料300万円の訴えです。

パーマ大佐さんはたいへん驚かれてることだと察します。

穏便に解決してもらいたいです。

世の中の平和のために。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です