機種変更した時にLINE移行を失敗した~

UQ mobile fan

UQモバイルに移行したときの最初の作業

私の場合、UQモバイルの契約と同時に端末購入したため、ショップですぐに端末が手に入りました。

1時間もしればMNPによる処理も完了し、手渡されたときには、すぐに通話もできる状態になっていました。ある程度の充電もされていました(ショップで充電してくれたのかどうかは不明です)。

通話機能の確認

まず、電話機能の確認ですが、問題なく着信、発信できました。

それから後は、自分で設定する必要があるのですが、一応旧端末も通話はできないにしても、起動はできWifiによって通信もできます。

そこで、旧端末での設定情報をみながらやります。

 

アカウント設定

AndroidからAndoroidへの移行ですので、アカウントは旧機種で使っていたgmailをそのまま設定しました。

特に問題なく登録でき、この時点で電話帳の引き付もされました。(私が旧端末でバックアップなどの設定をやっていたせいかもしれません。)

googleに身をあずけると、機種に関係なくいろんな情報が引き継がれます。それだけ、個人情報がgoogleサーバに登録されているということになるのですが、便利です。

 

LINEの移行 失敗!

するに使いたかったのがLINEでしたが、アプリをインストールしただけではだめです。

これだけ、ショップの人にやり方を聞きました。

まず、旧端末でメールアドレスとパスワードをLINEに設定しておきます

私の場合、電話番号で認証していたので、LINEにメールアドレスは設定されていませんでした。

これをしておけば、移行ボタンで、新機種に引き継げます。

引き継ぎしない場合は、旧端末でLINEが有効です。

さて、新端末にいよいよ引き継ぎするのですが、その前に、未読のメッセージがないかチェックしておきましょう!

アカウントの引き継ぎはいとも簡単です。LINEの移行ボタンでそのままできるのですが、タイムラインに表示されていたメッセージはすべて消えます。そして、移行前の旧端末からも見ることができなくなります。

私の場合、未読メッセージがやまのように溜まっていたのですが、移行した時点でなにがどこまで見ていたのかよくわからくなりました。

トークは全部空白状態になります。

次から新しく送信したり受信したのは表示されるのですが、画像など必要なのは保存してからLINE移行したほうがよいです。

たぶん、LINEに詳しい人にとっては当たり前の知識かもしれませんが、慎重にやったにもかかわらず、これは(軽微ですが)失敗しました。

※もとの端末にLINEを再度移行すれば戻るか?とも思いましたが、その可能性は低いと思ったのでやめました。たぶん、元の端末とはいえ、同じ移行にはかわりないので移行した瞬間にまた空白状態になりそうだと判断しました。

とにかく、実行したら元に戻せない操作なので、よく調べてからLINEは移行したほうがよいですよ。

私の場合は、それほど重要なメッセージもなかったし、旧端末は手元にあったので、気軽にやったのですが、まさか、ここまできれいさっぱりリセットされるとは思ってもみませんでした。



 

まとめ

  • LINE移行はメールのようにはできない。
  • 移行前の機種(端末)が手元あっても移行手順を確認すべし!重要な記録があればバックアップなどが必要。
  • LINEにメールアドレスを登録しておけばLINE機能はそのまま引き継げる。簡単!

 

再度しつこいですが

「LINEの移行は初期化処理を伴うので
必ずバックアップしてから行う!」

スポンサーリンク