配布終了のMovie Makerのインストールに成功

Movie Maker

Microsoftの公式ページではダウンロード終了になったWindows Movie Maker(Windows Live Essentials)ですが、まだダウンロードする方法はあります。

アーカイブサイトを利用します。

もちろん、自己責任でお願いしますが、私はこれでWindows10にMovie Makerをインストールすることができました。

まだ、間に合いますよ。

ダウンロードしそこねた人は、今のうちに保存しておくとよいです。

もちろん、Windows Live Essentials 2012は、サポートが切れているソフトで、セキュリティ等の心配はありますが、機能は最高です。

 

 

Movie Maker(ムービーメーカー)とは

Microsoft社が開発した動画編集ソフトです。

無料でありながら、高機能でわりと初心者でも使える操作性で、ちょっとした加工ならMovie Makerで十分に動画編集が行えます。

そして、動画の圧縮率がなんともすばらしくいいのです。

また、Microsoft社が開発しただけあって、Windowsパソコンで難なく再生されるところもすばらしいですね。

いつまでも、無料で使えると思っていたのですが、訳あって先日新規にインストールしようとしたところ、公式ページからダウンロード終了のお知らせでインストールできませんでした。がーん!

 

自分のPCの中から、過去にダウンロードしたものを探してみましたが、どれも、ダウンローダ(プログラムをダウンロードするためのプログラム)で実態がないものでした。

softonicからだとダウンロードできるとの情報もありましたが、今は、softonicからのダウンロードもできません。

 

どうやら、私の場合は、Windows10にアップデートしたときに、消したようです。

いろいろな動画編集ソフトはありますが、使い慣れているムービーメーカーが使いたくていろいろ調べました。

 

 

 

Windows Live 2012のダウンロード先

 

さて、前置きが長くなりましたが、本題
ずばり、下記のリンクからダウンロードできます。

いろいろネットを検索して見つけました。

それも、日本語版しか使うことありませんが、一応英語版も保険としてφ(..)メモメモ・・・

 

 

日本語版を使えば、あとでロケーション設定などしなくてもすぐに日本語環境で使えます。

人柱として、実際にここからダウンロードしてインストールしましたが、不審な現象はなく、普通につかえています(本格的に使用するのはこれからですが)。

 

一応、私がウイルスチェックもしましたが、問題なかったです。

 

インストールの方法は、前と同じです。私の場合は、Movie Maker(ムービーメーカ)だけをインストールしました。

 

 

Windows Movie Makerの補足

 

  • 正確には、Windows Movie Maker がダウンロードできなくなったわけではなく、それがインストールできるWindows Essentials 2012がダウンロードできなくなりました。
  • ムービーメーカーやフォトビューワは、2017年1月10日にサポート終了となっています。
  • 罠が仕込まれたダウンロードサイトもあるようです。ダウンロードサイトを間違えると、被害に合う可能性がありますから、くれぐれも慎重に作業してください。繰り返しになりますが、自己責任でお願いします。

 

ご参考

「本物は2017年1月に提供終了――偽の『Windows Movie Maker』が大規模に拡散」このような記事を検索すれば、偽物についての情報が得られます。

心配な方は、参考にしてください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です