CANON MG7130のB200エラーから復帰できた

死亡宣告B200からの復帰

プリンターのトラブルは本当に頭にきます。

今まで順調に動いていたのに、なんで今日はダメなの?

プリンターと格闘してたらあっというまに、1時間2時間経過・・・

それでも、直ればまだ気も晴れますが、

直らないときには、もうプリンターをぶっ壊したくなりますね。

 

 

 

大概のトラブルは、「印刷できない!」です。

インクがでていないのか、黒い文字が薄くなってたり、赤いはずが部分が全く違ったいろ、青がでていないのか?

 

そんなトラブルですが、今回は「B200」のエラーが突然発生しました。

 

修理が必要なエラーが発生しました

以下の対処を行ってください

1.本製品の電源を切り、電源プラグをコンセントから抜く

2.取扱説明書を参照し、修理を依頼してください

 

 

 

電源入れ直してもなおりません。

そもそも電源を入れ直せとはかかれていないが・・・

 

だいたいプリンターの印刷トラブルは互換インクのセイにされます。

もちろん、互換インクも故障の原因の一つとは思いますが、そうともいいきれないのですよ。

腑に落ちない。

でも、復帰できましたよ。

 

 

最初の復帰失敗の状況

プリンターヘッドも洗いました。

しかし、B200は発生し続けます。

 

なにやってもダメ状態。

 

原因もはっきりしません。

B200は、致命的なエラーのようです。

普通に考えるとインク詰まりでしょうが、インク詰まりの場合は、インクがありませんとか、インク抜けで印刷されるなど、別の現象となってもよさそうです。

どうも電気回路の障害のようでもあります。

接触不良が一番可能性が高く、接触よくすると直ったという報告もありますが、私の場合はそうでもなかったようです。

 

 

B200からの復帰方法(これで回復したよ)

 

おそらく、このB200エラーではインクを交換したぐらいでは復帰しません。

私も、何個か交換してみましたが、まったく反応はかわらず。

 

電源をいれるとすぐにB200のエラー表示になってしまったのですが、インク交換のフタ(カバー)を開けた時だけは、カチャカチャ動きます。

なんらかの動きがあるのは、カバーが空いてる時だけです。この点に注目します。

 

そこで、インクをすべて取り外します。

フタを開けたまま電源をいれる。

カチャカチャ動く。フタをしめるとB200が出るので開けたまま。

このあたりのタイミングはよくわかりませんが、インクが入れて対状態で、「インクをいれてください」のエラー画面をなんとか表示させるのです。

 

フタをあけたり締めたりすると、「インクがありません!」の表示がでます。

私の場合、ここが突破口となりました。

念のために1本インクをいれて、電源入れ直し。

全色インクはいれていないので再度エラーにはなりますが、インクの認識はされています。

全部のインクをいれたところ、B200は発生しなくなりました。

 

ヘッドの掃除が効いたのか、フタの開け締めでエラーがリセットされたのか、不明ですが、ともかく直りました。

 

もう、激安プリンター購入しようと、機種選定までしていたのですが、翌日には復帰。

なんだったのだろうと言う感じです。

作為的に仕組まれたエラーといわれてもしょうがないエラーです、B200は。

 

 

まだこのプリンターは、2年半ぐらいしかつかってないので、もう少しつかいたいと思っていました。

復帰できてなんか勝ちを得た気分。

 

 

 

互換インク

ついでに互換インクについて。

プリンター故障の原因は純正インクをつかっていないから・・・

これはなんともいえませんが、プリンターは純正インクでも壊れるときには壊れます。

やはり、使っていない期間があるとダメみたいです。

純正インクしかつかっていないのに、青が印刷されない、クリーニングを何度やってもだめ、インクを変えてもだめ、インク交換の代金で新しいプリンターが買えると思うと、ほんと悔しい重いです。

 

どうせ壊れるのなら、発色もこだわりないし、ということで互換インクつかっています。

 

 

ネットでも互換インク激安店はたくさんありますね。

たとえば、私が今回購入したのは、

安すぎですね。

楽天では激安店が豊富にそろっています。

 

普通に電気店で取り扱われている互換インクでも十分やすいですが、通販だと破格としかいいようがありません。

CANONの純正インクの場合は351XLで1色で1200円ぐらいします。

それなのに、その同じ値段で互換インクは全色そろってしまうのでおどろきの価格です。

 

 

 

互換インクを選ぶ時の注意点

激安店はあたりはずれがある可能性があります。

はずれの場合は潔くあきらめましょう。

私ははずになったことはありませんが。

激安過ぎる店はやはり要注意です。

 

互換インクの色については、残念ながら劣ります。

これも互換インクのメーカによりますが、私は潔くこの点に妥協して互換インクを使っています。

 

色についてはイロイロ注文をつければキリがないです。

私は、地図などの印刷が多いので、色がついていればよい、文字が読めればよいレベルと思ってと割り切っています。

互換インクの品質で全然不便に感じません。

重視してるのは、コスト!

 

そこで、コスト重視の人向けに、互換インクの選び方を

 

互換インクは、透明な容器に入っていることが多いです。

この透明な容器がいいですよ。

 

それは、インクが本当になくなっているか見えるから。

単純にそれだけですが、それが確認できるとスッキリです。

 

純正インクだと、まだ残っている(と思われる)のに、インク切れのサインになることがあるのですよ。これも純正ならではの現象の特徴ですね。

 

 

空インク
空インクの状態が確認できる互換インクの容器

こんな風に中のインクの状態が目視で確認できます。

これがいいですね。

左上の部分は空気穴になっていて、ここからインクが飛び出てくることもあるので、汚れないように注意しましょう。

上の写真ではそこからインクがでてきて汚れたあとが見えます。セロテープで止めました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 件のコメント

  1. ピンバック: 激安のCANON BCI350XL互換インク | メモラビリア爛々(らんらん)

コメントは受け付けていません。