古くて遅いパソコンを新品同様に?!

 

情報源: 古くて遅いパソコンを新品同様に生まれ変わらせる方法のご紹介(実は一般的に思われているよりも簡単で安いんです。) | Techie Fans

タイトルをみて、すごい、どんな構造してるんだとおもいきや、その実態はUSBにOSごといれて、持ち運べるようにしたUSBメモリのようです。軽量のLinuxらしいですが、ディストリまでは調べませんでした。

むかしのファミコンでは、カセットにハード仕込んで性能アップしてました。それに準ずる内容だったらすごいと思った。

「古くて遅いパソコンを新品同様に」というキャッチはすごい、引っ張られました。大きさもかなり小さい。アイデア商品とでもいいましょうか。

期待しすぎると、期待はずれで詐欺と思えるかもしれない製品ですが、詐欺というのは、ちょっと言いすぎですかね。たとえOSをがLinuxであっても、きちんとブートして起動するように仕込んであれば、そこそこ技術料が必要ですから。2500円は妥当な価格かと思います(激安とはいえない)。容量8GのUSBで1000円、Linuxセットアップ料1000円で2000円で500円ぐらいが宣伝費や儲けといったところでしょうかね。やっぱり、ちょっと割高かな。無線LAN内蔵していればそこそこでしょうか。

今のスペックなら大量生産で、1000円ぐらいでも製造可能だと思います(USB内メモリの質などにも依存するでしょう)が。

それほど、古いPC持っており人があまりいないですがな。この製品、CPUは変わらないので劇早にはなるとは思いません。

日本語対応していないのがきついですね。

私にとっては、古いPCが蘇るというよりは、持ち歩けるUSBパソコンとしての価値のほうが高いように思います。

古いPCを甦させるには、SSDが一番であると思います。日本人なら、よほどのガジェット好きでないと、Xtra-PCは役にたたないかも。いまいち性能アップの効果がみえないし。

 

しかし、USBからブートできるUSBメモリを自分で作るには手間がけこうかかるかかるので、まあ、

Xtra-PC

も悪くはないか。ちょっとだけ使ってみたい。もしかしたら、病みつきになる製品かも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です