クレジットカードではリボ払いに注意

リボ払いは借金

知っているとは思いますが、分割払いやリボ払いはクレジット会社から借金しているのと同じです。

借金するということは、利息がかかると言うことです。もちろん、すぐに返済すれば実質利息は0円ということもありますが、支払いにちょっとでも不備(つまり未納)があったりすると、そくざいに利息がかかってきます。

カード支払いは便利です。使えばその分ポイントもたまり、お釣りの計算が不要です。また、使用履歴が記録として残りますので、どれくらいの支払いがあるのかリスト化できます。

普通に使っていれば本当に便利なカードですが、ちょっと油断すると、あっという間に、1000円単位での利息払いが発生するしくみになっているので注意が必要です。

特に、利息計算せずに、毎回一括払いに徹している場合、それはそれで安心なのですが、安心しすぎて、ついうっかりのことに気が付かない可能性もあります。

 

リボ払い契約にするとお得か?

支払い能力が低い人に限って、リボ払いは魅力的にみえるのではないでしょうか。支払えるものはさっさと支払うにこしたことありません。支払額が毎月均一になってうれしいと思う人が実際どれくらいいるのか、わかりませんが、きちんと毎月の支払額を把握しそれを均一にするようにリボ払いの額を設定しているのでればリボ払いは便利でしょう。

しかし、なんとなく、支払いを先延ばしにする目的でリボ払いを使っているのであれば、見直しをしたほうがよいと思います。支払いが先延ばしすればするほど、それに伴う利息も増えていくわけですから。

つまり、支払い計算をきっちりできない人は、リボ払いしないほうが賢明ということです。

支払いを先延ばしにしないようにするためには、リボ払いの支払い額を大きめに設定することです。もちろん、支払い可能な額にする必要があります。毎月、3万円支払える能力があるのであれば、3万円に設定したほうがよいです。ここを7000円と少なく設定すると、たとえばちょっと高価な5万円の買い物をしたときに、支払う利息がかなり変わってきます。

借金なので、全然お得ではありません。ローンの方がまだましです。

 

リボ払い対策

一番よいのは、リボ申込しないことです。しかし、リボの申し込みすると商品券がもらえたりするので、つい申し込みしてしまう場合があります。

1.まずは、リボ払いが設定されているカードは使わない。これが鉄則。

2.もしリボ払いの設定をする場合には、支払い額を自分が支払える額一杯に設定する。早く返済できるようにします。

3.カードを使うときに、必ず一括と宣言する。宣言しないと勝手にリボ払いでの支払いとなることがあります。

この3番めの対策が要注意なのです。特に高額のものを買う時に限ってポイントなどの絡みもあってカードを使いたくなります。その時に、支払い方法としてリボにしないようにきちんと店員に使えることが大事です。店員によっては流れるように会計してしまう場合がありますから。

 

失敗例

あるお店のススメで割引を受けるために、メンバーズカードを申し込みしたとします。そのカードはクレジット機能つきで毎月のリボ払いを7000円にして作りました。さて、ある日、その店で37132円の服を買いました。支払いは割引うけるためにメンバーズカードで支払います。たしかに、メンバーズカードで割引はされますが、割引だけに気を使っていると、リボ払いの支払いになっていることに気が付かない場合があります。

手数料・利息13.08%が適用されるとこの場合、6回払いになり、支払う額は全額で38212円になります。つまり、利息・手数料で1080円余計に支払うことになるのです。

この場合、6回払いですんでいるので1000円ぐらいで済んでいますが、これが20万だとすると、29回払いになり、利息だけで約3万円余計に支払いが必要になってきます。もし、この後さらに、なにか買い物すると、返済がさらに先延ばしになりさらなる利息が待っていることになります。

細かい利息は、(年利など)カード会社によって違ってきますが、この例の場合年利13%の借金をしてるのと同じともいえます。

 

まとめ

やむを得ずリボ払いする場合、返済期間が長引けば長引くほど利息が跳ね上がっていく。返済額を多めにしてでも早めに返済するのが賢明。

スポンサーリンク