iOS11:早すぎる32ビットアプリ終焉の道い

なんと、iOS11からは、32ビットアプリが使えなくなるそうです。

情報源: The coming app-pocalypse could kill some of the iPhone’s greatest hits

32ビットでも十分に楽しめていたアプリが一掃。開発者は64ビットに移行し終えていると思いますが、低スペック端末もかなり存在しているのに、信じられないです。これが時代っていうものなのでしょうか。

対象はiOSの話なので、Androidのほうは、大丈夫のようですが、いずれはAndroidも同じ道をたどるのでしょう。16ビットが32ビットになったときは、かなりの進化を感じましたが、32ビットは処理単位としては最適な大きさだと思っています。たしかに大容量メモリ、ストレージ時代に、容量のコンパクトさを求める時代ではないかもしれませんが、低スペックは低スペックでそれなりに使いみちがあるはずで残念です。

 

ついでに、iOSの話で、次期iPhoneはディスプレイ上で指紋認証ができる可能性ありだとか。なんだか、どんな処理でコンピュータが動いているのか、もはやブラックボックスです。やはり、進化に進化してる現状を垣間見ると、64ビット化はしかたないのかもしれません。

Touch IDもかなり新しい技術だと思いましたが、それも時代に取り残されていくのでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です